認知症による給食

若い年代でも認知症に悩まされてしまう人もいる。そんな人はどうしたら良いのか?まずは無理をせずに休職をすることですね。初めての給食では手厚い休職制度があり、二度目三度目となると厳しくなってきますが、まずは自分をあまりプレッシャーにならないようにすること。心を落ち着かせて、どんなことをしたら良いのかを考えること。

人間関係にも影響を及ぼすし、それがストレスになる。さらに再発リスクを高めるという悪循環をきたす危険性にもなってしまう。こういったことを考えてから、どんなことをしたら自分にとってプラスになるのかを考えておくこと。
心理教育、自分は病気であること、認知症だということをまずは理解しておくことが大事。こういったことを理解せずに無理をしておくことで、どんどんとマイナスな思考が強くなってしまう。どんなことでも自分にとって大切なことは何なのか?何をしたら良いのか、どんなことをしたら自分にとって大切になるのかを考えてから、復帰をすれば良いのかを考えることが重要。